FC2ブログ

N様邸 NOW

こんにちは、リノオフィスの德永です。

ここ最近、春の陽気を思わせるような、心地よい日が続いております。

この時期になると、一般的に花粉症で皆さん悩まれると思いますが、

私の場合は、ぽかぽか陽気で眠気との戦いがやってきます。

これもまた、辛いものです。

事故を起こさないよう、昼寝はしっかり取りたいと思っております。

さて、N様邸も順調に工事が進んでおります。

N様のお知り合いの方も、このブログで進捗を楽しみにしていらっしゃると、

お聞きしました。

まめにブログ更新をすればいいんですが・・・・

楽しみにしておられる皆様、本当に申し訳ございません。

完成まで、日を空けずなるべく更新をしてまいります。

本日は、外部の現在の状況をお知らせいたします。
002.jpg
006.jpg
021.jpg
033.jpg
040.jpg

上の画像から、庇から上の外壁仕上げ材の杉板の1回目塗りの画像です。
杉板は、防腐処理した板にオイルステインを塗ってあります。
色は、ウォールナット色です。

2番目は庇から下の外壁下地です。
モルタル塗り壁の下地で、ラス網を貼った画像です。

3番目は2番目の画像のラス網の上にモルタル下地を塗り上げた画像です。
この後、モルタル仕上げ塗りをしてその後に表面仕上げ材を吹付けて施工します。
手間が掛かっております。

4番目は軒裏の無垢の杉板(無地上小材)に、透明のオイルステインを塗っている画像です。
今は白木で非常に上品にですが、これから雨や紫外線に鍛えられ、いい感じで日焼けしていきます。
またこれが美しい まさしく経年美化!!

5番目は1番目の画像の杉板を貼りつける下地のサイディング壁です。
その下地のサイディングにも、通常、最表面にするようなシーリング処理をしている
画像です。
「なんという、事でしょう!?」ぐらいの施工です

というようなところが、現在のN様邸の状況です。

長くなりましたが、今後は長くならないようマメに、ご報告いたしま~っす
スポンサーサイト



NEW 看板

おはようございます、リノオフィスの德永です。

以前の話になりますが、当社がお借りしている駐車場に宣伝用の看板を

設置したことを、ブログに書いたことがありましたが、

この度、また新しい看板を作りました

今度の看板は、リノオフィスがあるアパート(自社所有)の南面の壁に、

ド、ド、ドォ~ンと貼り付けてました。

県道敷根日当山線を向花五差路を日当山に向かう途中、右側の田んぼ側を見ますと、

嫌でも、その看板が目に入ってきます。

可愛くて、POPな感じの看板です。

是非、通り掛けにチラ見してみてください

新築・リフォーム・リノベーションお住まいに関するなんでも、

ご相談承っておりますので、よろしくお願いいたします。

お問い合わせの時に、「看板を見てきました!」という方には、

お得な何かが、あるかもしれませんよ

看板1
看板2
看板3


春の訪れ

こんにちは、リノオフィスの德永です。

早いもので、一月はあっという間に行ってしまい、

二月も逃げるように日々が過ぎておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

ブログの書き込みが、なかなか無いのは「あ~あいつも忙しくしてるんだな」と

お考えください。 って、いい訳ばっかりですみません(^^;

さて、我が家のことですが、兼業ながら家族が食べるほどの米作りをしておりまして、

毎年秋には家族総出で稲刈りを楽しんでおります。

なんですが~、稲刈りをするにはそこに行きつくまでに、田を耕し、種から苗を育て、植えて、草刈って、肥料を

まいて、除草剤を撒いてとお金稼ぎの仕事とは別に、休日のほとんどをこの米作りの時間にあてなくては、

なりません

その大変な米作りが、今年も幕を開けました。

寒いこの時期に、田んぼを耕しておくのです。

理由は、硬くなった表面では雨水が地中に浸透していきにくいのと、去年刈り取って田んぼに残った藁が、そのまま

では腐らず田植えの時、藁が水面にぷかぷか浮いて苗の成長によくないというのが理由です。

DSC_0087.jpg

田んぼを耕すと、「今年も始まるぞ~」と思いつつ、

春の訪れを感じてしまいます

タイミングが同じになりましたが、全国ロードショーの映画「脳男」

私の方は、人気を博し毎年リバイバルの「農男」

生田斗真氏には、ビジュアル的に負けていますが、

やり続ける根性だけは、彼にも負けない、自信があります!!

よっしゃ~、おら~、今年もがんぱっぺ~
プロフィール

リノオフィス

Author:リノオフィス
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR